ホーム サイトマップ FAQ
アクセス お問合せ リンク
新潟TLOについて
特許出願情報
技術移転事例
開放特許情報
会員の皆様へ
新潟TLOの歩み
2001年 11月16日 特許の研究・製作を目的とし、 新潟市五十嵐二の町新潟大学工学部内に資本金1250万円をもって株式会社新潟ティーエルオーを設立
代表取締役社長に ※筒井 つよし が就任
12月25日 承認TLOに認定される

2003年 12月15日 朱鷺メッセ・万代島ビル10階にある(財)にいがた産業創造機構内に、サテライトオフィスを開設

2004年 6月 代表取締役社長に結城洋司が就任
10月 1日 新体制発足
10月23日 新潟県中越地震発生

2005年 3月11日
新潟ティーエルオー講演会 会員懇親会開催 出席80名
  • 講演「新潟県経済と中国との関わり合いへの提言」
    創業支援推進機構理事長 紺野 大介氏
  • 講演「動脈硬化症と血管の新生技術について」
    新潟大学医歯学総合病院第1内科講師 鳥羽 健氏
5月24日 新潟大学と業務提携契約書締結
6月 7日 株主総会
11月22日 長岡技術科学大学と業務提携契約書締結

2006年 1月13日 資本金を5,000万円に増資
6月11日
文部科学大臣賞受賞
  • 「クイック水素ガス検知センサーの開発/シーズイノベーション型技術移転」についての貢献により
9月15日 資本金を7,000万円に増資
(内、新潟大学が100株500万円、新潟工科大学が40株200万円を出資)

2007年 1月15日 ニューヨーク州立大学フレドニア校 地域開発・ガバナンスセンターと協定締結
3月 8日 The Quick Hydrogen Gas Sensor (Invented by Dr. Harada of Niigata University) was selected as one of the "100 Innovations from Academic Research to Real World Application" in the 2007 Edition of the Better World Project published by AUTM, Association of University Technology Managers
Copyright © Niigata Technology Licensing Organization All Rights Reserved.